豆知識

LPWAとは?

LPWAの意味

LPWAは、「Low Power」と「Wide Area」の頭文字を繋げた言葉です。
ローパワーでワイドエリアな無線通信。要するに、消費電力が少なく、広い領域を対象に出来る無線通信のことです。
人間関係でよく言う「浅く広く」というイメージに近いです。


続きを読む

長距離無線LANについて

ケーブルの代わりに無線で通信が可能になる無線LANは、店舗の公衆Wi-Fiや工場でのライン制御など、暮らしの色々な場面で役に立っています。
高性能な機器を使えば、建物や施設の中だけでなく、何十kmも離れた場所ともネットワークで通信することが可能です。


続きを読む

屋外用無線LANの利用について

そもそも無線LANとは

無線LANは、電波でデータの送受信を行う構内通信網(LAN)のことです。
ケーブルの代わりに無線で通信を行います。
屋内で無線LAN通信を行うには、アクセスポイントや無線LANルータなどの機器が必要です。


続きを読む

高速移動体通信とハンドオーバー

高速道路や新幹線は、すごい速さで移動しているのに、電波がつながるのはなぜだか知っていますか?

私たちが移動しているとき、電波の方でも素早いやりとりが行われているんです。
今回は、高速移動中に電波をキャッチする仕組みについて解説します。

続きを読む

開発の手法

開発のための手法とは、システムを開発する工程を構造化し、計画・制御するための枠組みのことです。

そうしたシステム開発手法は、今までにさまざまなものが考案されてきましたが、それぞれに長所/短所があり、プロジェクトの種類や状況に応じて最適な開発手法を選択する必要があります。

今回は、特に有名な2種類の手法について紹介します。


続きを読む

プログラミング言語の種類について

前回は「ソフトウェアとは」について解説しましたが、今回は「プログラミング言語の種類」について解説致します。

元来、プログラミング言語には様々な種類があり、コンピューターのOS環境(WindowsやMacなど)やコンピューターに動作させたい内容などによってそれぞれに適したものを使用していました。
しかし、プログラミング言語も改良を重ねられていく中で種類ごとに大きく異なっていた性能部分に関しては、多少の違いはあるものの差異は小さくなりつつあります。
したがってプログラマーの好みによってプログラミング言語を選択する時代となってきています。
また、プログラミング言語には流行廃りも存在し、今注目のAIやビッグデータ解析などで力を発揮しやすい言語も存在します。

続きを読む

ソフトウェアとは

ソフトウェアとは、コンピューターを動かすプログラムのことです。
コンピューターそのものと、マウスやキーボードなどの目に見える機器をハードウェアと呼ぶのに対して、ソフトウェアは目に見えません。
ハードウェアが人間でいうところの「身体」だとしたら、ソフトウェアは「心」や「意識」「神経」などと言えるかもしれません。

人間が「身体」だけでは生きていけないように、コンピューターも本体だけではただの入れ物。
ソフトウェアが指示を出すことではじめて動きます。


続きを読む

メタル線を利用したネットワーク

東洋電装では、インフラ整備に伴うネットワークを構築するため、
様々な製品の開発を行っております。

ネットワークを構築する!といっても、各市場によって扱う情報伝送の種類は異なっています。

今回は有線でネットワークを構築する場合の、「メタル線を利用したネットワーク」についてご紹介します。


続きを読む

④PoE給電とは

突然ですが、質問です!

ネットワーク機器を設置する際、
「近くにある電源コンセントが埋まっていて電源が取れず困ったなぁ」とか
「もともと電源が供給されていない場所(天井や壁など)だから
 電源を引き直さなくてはならず手間だなぁ」

と思った経験がある方はいらっしゃいませんか?

ココで活躍するのがPoE給電なのです!


続きを読む

③結露対策

ネットワーク機器のトラブル要因の一つに「結露」があります。
結露状態を含む湿度の高い環境は、金属の腐食を速め機器の誤作動につながるリスクがあるためです。

結露が発生すると、機器が濡れ、ショートする危険性もあります。
日本の平均湿度は60~70%ですので、ネットワーク機器への結露対策は、重要な課題なのです。

続きを読む