モビリティワイヤレスソリューションとは

高速道路走行(100km/h)時でも、安定した相互IP通信を実現する、
アクセスポイントです

特長

  • より快適な通信速度・ルート・電波速度からどの経路にアクセスするかを 自動で判断
  • 時速100kmまで、安定した大容量通信接続が可能
  • AP間の切替はわずか実測100msec (最大600msec)でできるため、 シームレスな情報伝送が可能

製品紹介

車載型アクセスポイント
WAP-A1

業務用車両に搭載することで路側全体に構築した
社会インフラ用無線LANに接続可能なアクセスポイント

WAP-A1でできること

高速走行(時速100Km)時にも安定した通信環境を構築できます。
車載搭載のカメラやタブレット等の情報を共有することが可能です。

詳しく

可搬型アクセスポイント
WAP-T1

路側全体に構築した社会インフラ用無線LANに対して、
仮設接続が可能なアクセスポイント

WAP-T1でできること

監視カメラや各種センサーを接続することで、柔軟な情報共有が可能。
社会インフラ用無線LANネットワークの拡張や補完等の対応もできます。

詳しく

モジュール型アクセスポイント
WAP-M1

活用する様々な媒体へ組み込むことで、
4.9GHzでの直接通信を可能とするアクセスポイント

WAP-M1でできること

WAP-M1をロボットなどの監視装置やセンサーなどの観測装置等の、 スペースが限られた筐体に組み込むことで、直接4.9Ghz帯のメッシュネットワークと通信が可能となり、安定した通信で各種データの通信が可能になります。

詳しく

活用シーン

高速道路のネットワークを無線で構築
周辺環境監視モニタリング
鉄道車両内へのWi-fi環境構築サポート
空港内のネットワークを無線で構築

システムイメージ