マンガでわかる
モニタシステム

災害・防災対策室システムとは

防災対策室や災害対策室にある複数のモニタを、
人が直感的に操作できるタブレットで大型モニタに切り替え表示するシステムです。

特長

① タブレット操作
従来はパソコンや専用の切替器等、専門部署の人でないと操作できませんでしたが、
弊社システムはタブレットにより直感的な操作性を実現しました。
② オプションメニュー
  • 車両位置表示機能
  • 路線図表示機能
  • テナント配信機能

など 様々なオプションメニューをご用意

オプション

オプションを追加していただくことで、様々な機能を利用できるようになります。

車両位置表示機能

路線図表示機能

テナント配信機能

テナントのタブレットで表示したい画面の選択ができます。

リモコン機能

テレビ入力ソースの切替、テレビチャンネル

施設管理図面表示機能

路線図上の施設を選択することにより、その場所に関連する図面フォルダを表示

分割表示機能

入力ソースを分割表示する機能

カメラ画像録画機能

ネットワーク上に接続されたネットワークカメラの映像を録画

電子黒板機能

 

事例

お客様ごとに最適なシステムをご提案させていただきます。
モニターのサイズや数量、操作方法など、ご要望に合わせてカスタマイズが可能です。

西日本高速道路 九州支社 様

大型モニタ
50インチ×12面
電子黒板

神戸高速道路事務所 様

大型モニタ
50インチ×8面
電子黒板

北九州高速道路事務所 様

大型モニタ
52インチ×4面マルチ、80インチ×2面、
60インチ電子黒板×2面
入力ソース
PC端末×16台
オプション
テナント画面配信×5ch、デザイン卓

宮崎高速道路事務所 様

大型モニタ
80インチ×4面、
60インチ電子黒板×2面

岡山高速道路事務所 様

大型モニタ
65インチ×4面マルチ
入力ソース
PC端末×14台
オプション
CCTV×4ch

広島高速道路事務所 様

大型モニタ
65インチ×2面
入力ソース
PC端末×8台
オプション
操作端末(マウス、キーボード、モニタ)一元化

姫路高速道路事務所 様

大型モニタ
既存モニタ利用
オプション
操作端末(マウス、キーボード、モニタ)一元化

滋賀高速道路事務所 様

大型モニタ
既存モニタ利用(60インチ×3面)

実績

仕様

操作端末

表示切替機能 映像入力 最大32台 (映像入力名称登録機能付き)
画面分割数 1画面表示、4分割表(※)
表示切替方式 ドラッグ&ドロップ方式

コントローラ

外部I ⁄ F 有線LAN 100BASE-TX、100BASE-T、1ポート
シリアル RS-232C、16ポート
デジタル入出力 入力16点、出力16点※ オプション
電源 AC ⁄ 100 50 ⁄ 60Hz (ACアダプター使用時)
最大消費電力 10W

アクセスポイント

I ⁄ F 2.4GHz 及び 5GHz切替装置
通信速度 最大54Mpbs
セキュリティ WPA2-PSK、WPA-PSK、PSK、WEP、Any接続拒否
電源 AC ⁄ 100 50 ⁄ 60Hz (ACアダプター使用時)
最大消費電力 10W

※ 機種により9分割表示可能